最新の歯医者での治療に驚き

私は、1か月ほど前に虫歯ができました。私は、幼少期のころから歯医者だけがどうしても苦手で24歳になってもとても行くことに躊躇していました。しかしながら、今回の虫歯は自分でもやばいと思うほど痛かったため中学生以来の歯医者に行くことにしました。前日から歯磨きを入念に行い出来るだけ治療が長引かないようにしていました。そんなこともあり歯医者に行きました。久しぶりの歯医者ということもありとてつもなく緊張した趣で待合室で待機していました。そんなこんなで自分の時間となり歯医者の治療が始まりました。虫歯を見ると歯医者の先生はこの虫歯はなかなかやばいねと言われますます私は嫌な気持ちのなっていました。そんなこんなで虫歯の治療が始まり私のイメージではドリルで穴をあけて治療するイメージが強かったため恐れていたのですが歯医者もここ10年でとてつもないも進化を遂げていました。それは、ドリルで穴をあけるのではなくよくわからない機械を歯に押し付けるだけで痛みがまったく感じることなく治療が終わったのです。この治療を3回ほど繰り返すと歯医者の先生はもう治療は終わりましたと簡単に言いました。私はこの言葉を聞きとてつもなく安心しました。